3月こそ、イカをたくさん食べてほしいです」とは、管理栄養士の小嶋絵美さん。

イカにはさまざまな種類があり旬もまちまちなのですが、3月はちょうど旬が重なる時季なんです」と言う。

 さらに、「ダルさや疲労感、新生活で生活スタイルの変化からくる睡眠不足など、春ならではの不調にイカは役立ちます」と話す。

栄養抜群の「イカ」で春のだるさを吹き飛ばす!

イカはとにかく栄養価が高い食材。疲労回復が期待されているタウリンは、サバやカツオの2倍含まれています

 タウリンは、多くの栄養ドリンクに含まれており、肝臓の機能を高める働きがある。

疲労回復には栄養補給や睡眠が大切。肝臓は食事から摂取した栄養素を身体に必要な形へ変えるという重要な役割があるため、肝臓の機能をタウリンでパワーアップさせれば身体もおのずと元気に

 さらにタウリンは、コレステロール値を下げたり、動脈硬化や高血圧の予防にもなるうれしい効果も。

 またイカにはビタミンB群が複数含まれているのも見逃せない点。

 疲労回復効果の高いビタミンB1、赤血球をつくり貧血予防にもなるビタミンB12、糖質や脂質の代謝やアルコールの分解を助けるナイアシンなど、健康効果がてんこ盛りでまるで食べるサプリ!

さまざまな角度で体調を整えてくれるイカ。うまみが豊富なのに淡泊な味わいなので、味付けも自由自在。バラエティー豊かなアレンジで楽しんでみてください

※電子レンジは600Wを使用。

『イカとニラのスタミナ炒め』

ニラとの相性は抜群!にんにく風味でご飯がすすむ『イカとニラのスタミナ炒め』レシピ・調理/小嶋絵美 スタイリング/大原美穂 撮影/廣瀬靖士

材料(2人分)
・イカ(胴体は1cm幅の輪切り、足は2~3本に切り分け4cm幅に切る) 1杯
・ニラ(4cm幅) 1束
・しょうが、にんにくすりおろし 各小さじ1/2
・鶏がらスープの素 小さじ1/2
・しょうゆ 小さじ1
・ごま油 大さじ1

【作り方】

(1)フライパンにごま油とにんにく、しょうがを入れて中火にかけ、香りが立ったらイカを加える。イカの色が変わったらニラと鶏がらスープの素を加えて炒める。

(2)しょうゆを回し入れ、全体をサッと混ぜる。

《健康メモ》ニラ、にんにくに含まれるアリシンが、イカに含まれるビタミンB1の働きを高めるので、疲労回復効果がよりパワーアップ。

下処理は新鮮なほどスムーズにできる

 購入後は調理の前に下処理が必要。胴体に手を入れ、足とつながっている部分をはずし、内臓ごと足を引き抜く。胴体は軟骨、足は内臓とくちばしを取り除き、吸盤は包丁でこそげ取る。水で洗い水けをふき取っておく。

『イカと舞茸のねぎ塩蒸し』

レンチンだから栄養素を逃さずヘルシー『イカと舞茸のねぎ塩蒸し』レシピ・調理/小嶋絵美 スタイリング/大原美穂 撮影/廣瀬靖士

材料(2人分)
・イカ(胴体は1cm幅の輪切り、足は2~3本に切り分け4cm幅に切る) 1杯
・舞茸(ほぐす) 1パック
・長ねぎ(5mm幅斜め切り) 1/2本
・レモン 1個
 ☆鶏がらスープの素 小さじ1
 ☆塩、こしょう 各少々
 ☆ごま油 大さじ1

※大きさ:約30cm×30cmのクッキングシートをを2枚用意しておく

【作り方】

(1)レモンは2mm幅の輪切りを2枚切り、残りは搾ってレモン汁にする。

(2)ボウルにイカ、舞茸、長ねぎ、レモン汁、☆を入れて混ぜ合わせる。

(3)クッキングシートに、(2)を半量のせ、それぞれレモンの輪切りを飾ったらキャンディー状に包む。

(4)耐熱皿にのせ、ひとつずつ電子レンジで3分加熱する。

《健康メモ》イカに不足している食物繊維を舞茸で補って。舞茸は、お通じ改善だけでなく、免疫力を高める効果も。