「光老化は自分で防げるもの。対策の甘さの積み重ねが後々の後悔につながります」

 そう話すのは、美容皮膚科医の山屋雅美先生。“日焼け止めまでがスキンケア”と認識し、毎朝習慣づけるようにしたい。

「梅雨時季はつい紫外線対策を忘れがちですが、それはダメ。晴れの日を100%とすると曇りの日は約65%、雨の日でも約20%の紫外線が地表に到達していますから、天気は関係なく日焼け止めを。外出せず家にいる日も必須です」(山屋先生、以下同)

 UVカット効果のある化粧下地も増えているが、それらはトーンアップ効果や“化粧ノリ”を目的に作られているため、効果は低め。「日焼け止め」と表示された専用品を選ぼう。塗りムラや塗り漏れを防ぐためにも、薄めに2~3度重ねて塗ること。

「小鼻や目の周り、エイジングサインが現れやすい首、反射した紫外線で焼けやすいあごの裏まで。指先を使ってていねいに塗ってください」

50代以降の紫外線対策は保湿&角質ケアもプラス

 日中の外出時には、必ず日焼け止めを塗ったうえでUVカット効果のあるマスクの着用を。またマスクの脱着による温度差や湿度差が乾燥状態をまねくことも。

「肌が乾燥すると、肌表面の角質層の状態が乱れてバリア機能が低下し、紫外線ダメージを受けやすくなります。老化やホルモンバランスの乱れで肌の乾燥が進む50代以降は、日焼け止めにも美肌・保湿作用のあるものを」

 紫外線ダメージを蓄積しないために、角質ケアも取り入れて。

「50代の肌は、ターンオーバーの周期が遅くなりがち。不要になった角質が肌にとどまり、くすみやシミの原因になる。ピーリング効果のある洗顔や化粧品で角質ケアを行いましょう」

 アラフィフを越えてなお色白美肌をキープしている3賢者にその秘訣を伺った。