「車がへこんだ」、「トウモロコシ畑が荒らされた」、「屋根が崩れた」

 6月3日、突然の雷雨とともにピンポン球大の雹が関東各地を襲い、被害の訴えがSNS上にあふれた。

「不安定な大気が続いているので今後も注意が必要ですが、自然災害というものは、想定外の被害をもたらすことも。世界で起きた驚きのニュースを振り返るとともに、身の安全を考えていただきたい」

 とは、防災ジャーナリストの当山みどりさん。世界ではどんな自然災害が起きているのか─。

空から降る小魚(アメリカ・テキサス州)

竜巻や台風、ハリケーンなどによって海の生物が空中に吹き上げれらるという イラスト/こうき
竜巻や台風、ハリケーンなどによって海の生物が空中に吹き上げれらるという イラスト/こうき

「アニマル・レイン(動物の雨)」という言葉をご存じだろうか。その名のとおり空から生き物が降ってくる現象のことだが、これは珍しいことではあるが、ありえない現象ではないという。実際にアメリカ・テキサス州で起きたのは今年頭のこと。

「米テキサス州のテクサーカナという地方で、小魚が空から降ってくる現象がありました。水上の竜巻によって吹き上げられた可能性が高く、勢いを失ってから地面へ落下してきたのだろうと予想されています。

 住民たちは驚きましたが、バケツを用意して釣りのまき餌にするという人や、フェイスブックなどのSNSに投稿するため写真や動画を撮る人が多く見られたとか。恐怖というよりもわりと楽しんでいたようです」(当山さん、以下同)

 中国では'18年に雷雨の中、タコやヒトデ、アワビなどの海産物が降ったことも。水上の竜巻によって魚が地上に降ってくるということがあるのだ。心しておきたい。