中華風ほたての卵とじ寒天(撮影/廣瀬靖士)
【写真】寒天がおかずに!? 実は食物繊維がたっぷりなレシピを紹介

中華風ほたての卵とじ寒天

材料/容量150mlのカップ4個分
・ほたて缶(ほぐし身)……1缶(70g)
・溶き卵……1個分
・いんげん……3本
・しょうが汁 ……少々
・塩……小さじ1/3
・ごま油……小さじ1/2
 A粉寒天……2g
 A顆粒鶏ガラスープの素……小さじ1/2
 A水……100ml

【作り方】

(1)いんげんは耐熱皿にのせ、ふんわりとラップをかけて600Wの電子レンジで40秒加熱する。取り出して3~4cm長さの斜め切りにする。

(2)鍋にAを入れて混ぜ、弱めの中火にかける。少し煮立つくらいの状態で3分ほど、ゴムべらでたえず混ぜながら煮る。水200mlを加え、中火にしてよく混ぜる。ほたて缶を汁ごと加え、再び煮立ったら溶き卵を静かに回し入れる。卵が浮いてきたら、しょうが汁、ごま油、塩を加えて混ぜ、火を止める。

(3)水でぬらしたカップ(型)に(1)を等分に入れて(2)を流し入れ、あら熱をとる。冷蔵室で冷やし固め、器にあける。

とんカツ風春巻き(撮影/廣瀬靖士)

とんカツ風春巻き

材料/10本分
・春巻きの皮……10枚
・豚こま切れ肉……220g
・キャベツ……大2枚
・糸寒天……16g
・中濃ソース……大さじ1と1/2
・小麦粉……大さじ1/2
・揚げ油……大さじ3~4

【作り方】

(1)春巻きの皮は室温にもどす。糸寒天は水に5分ほどつけてもどす。水けを絞ってボウルに入れ、中濃ソースをふってあえる。キャベツは細切りにする。小麦粉は大さじ1の水で溶く。

(2)春巻きの皮の手前に、豚肉の1/10量を広げる。上に糸寒天、キャベツを1/10量ずつのせてスティック状になるように巻き、端に小麦粉で作ったのりを塗ってとめる。

(3)フライパンに揚げ油を入れて中火で熱し、(2)を並べ入れる。片面がキツネ色になったら返し、全体がキツネ色になるまで揚げ焼きにする。油をきって器に盛り、好みで練り辛子少々(分量外)を添える。

《POINT》具は生の食材のみ。ソースをからめた寒天を一緒に巻くだけで味つけが決まる、楽ちん、簡単春巻きレシピです。