身体の中にたまった有害物質や老廃物を排出することを意味する「デトックス」。『解毒』を意味する英語の略語だが、“毒素”の定義があいまいで、きちんとした定義もない。便利な言葉として健康ビジネスに利用されているのが現状だ。

サウナで汗をかいてもデトックス効果はない

 例えば、サウナやホットヨガのブームにより、よく耳にするようになったはずだ。

 確かにたくさん汗をかけば、気分がスッキリする人は多いだろうが、サウナに「デトックス効果」があるという説は間違いだ

「そもそも人間が汗をかくのは体温を下げるため。汗から有害物質があきらかに出ているという文献はありません」

 と教えてくれたのは、医師の武田慶先生。

 学術誌に掲載されたカナダでの研究報告によれば、普段の食生活で体内にたまった有害物質のうち、汗に含まれて出る量は0.02%。激しい運動をしても0・04%程度にとどまるそうだ。

「微量で『含有』というレベルにすぎません。これでは“デトックス効果がある”といえませんし、医学的根拠にできないのでは」(武田先生、以下同)

 それを端的に示すのが飲酒だ。アルコールも身体にとっては有害物質のひとつ。お酒を早く抜く方法として「サウナで汗をかく」という方法をよく聞くが、これは間違い。

「サウナで汗をたくさんかいても、体内に吸収されたアルコールは汗と一緒にはほとんど排出されません。逆に脱水症状になりやすいので、気をつけたほうがいいですね」

 デトックスという言葉が独り歩きをし、毒素以外のものも含めて“排出する”という意味合いで使われている。

「元来、毒素が排出されるのは、尿と便からなんです」

 もともと、私たちの身体は、不要なものや有害なものが身体の中に入らない仕組みになっているという。

「食品添加物に含まれる有害物質を摂取した場合でも、尿や便で排出してしまえば問題はありません。そのときに『解毒』を行うのが、腎臓と肝臓。この2つが健康であれば、問題なく有害物質を排出できます」