3.買いすぎ

 ストック品は確かに必要。たまのご褒美ショッピングも悪くない。けれどその程度がすぎる場合、買うこと自体に依存している可能性も。

モノハラあるある(3) 買いすぎ
すべての写真を見る

妻の趣味は読書。それ自体はいいことだと思うのだが、読んでない本はもう数えきれないほどたまっているし、買って満足してるようにも見える。すでに本棚からはあふれ出ていて、正直ジャマ。そろそろ限界だと伝えてもいいでしょうか」(48歳・教育)

「洗剤、電池、保存食……夫がストック品を買いあさることが不愉快。ネットでもスーパーでも、安売りしているのを見つけると、張り切ってまとめ買いしてしまいます。食品には賞味期限があるし収納スペースはないし、メリットを感じられません」(48歳・主婦)

4.勝手に場所占拠

 共有スペースに勝手にモノを置いてしまうのは、職人気質の“わが道を行く”タイプに多い傾向が。これがベストな置き場所と信じているから厄介。

モノハラあるある(4) 勝手に場所占拠

「席が隣の同僚は、デスクがいつも書類や私物で山積みの状態。さらに共有の通路にも紙袋などを置いて勝手にモノ置き場にアレンジしている始末。こちらも気がちるし、少し片づければ?と提案してみたが、『これがいちばん便利なので』との返事が」(41歳・代理店)

「ダイニングテーブルで過ごすことの多い夫は、新聞やスマホの充電、ノートパソコンにリモコンまで、ふだんよく使うものをすべて椅子から手が届く範囲に配置。日中片づけても、夜になれば何もなかったかのように元どおりの配置に」(51歳・主婦)