その開催に賛否があるものの、パラリンピックも目前。そして驚異の身体能力を見せてくれるパラアスリートたちの勇姿は、いつの時代も人々に感動を与え続けている。

 健康であること──ともすると私たちは、それを「当たり前」と思ってしまうが、当然、そうではない。

 その事実を改めて考えさせてくれるユーチューブ動画が話題になっている。

「かしわせチャンネル」の『脊髄損傷リハビリ動画』だ。

結婚式から1か月、事故で四肢麻痺に

 柔らかな日の光が降り注ぐチャペルで、大勢の参列者に祝福されるカップル。新婦は純白のウエディングドレスに身を包み、新郎はその腕に幼子を抱えている。

 そしてすぐ次のようなテロップが流れる。

《本当に幸せだった/そしてこの幸せが当たり前だと思ってた》

 幸せの絶頂にあるふたりにとって、明るい未来は疑うべくもない。しかし動画は一転。先ほどまで元気に歩いていた男性がベッドに横たわっている。その口元には酸素マスクがつけられ、話すのもひと苦労といった状態だ。

 テロップは続く。

《結婚式から1か月後、僕は交通事故で全身不随となり医者から一生歩けないと宣告された》

 予期せぬ事故に遭ったのは、チャンネル運営主の柏瀬真大(かしわせ・まさひろ)さん(31)。前述のユーチューブ動画の配信者だ。

 5月下旬、週刊女性取材班が千葉県の自宅を訪ねると、電動車いすに乗った真大さんと妻まみこさん(28)が気さくに出迎えてくれた。

「車いすは、座面も電動なので乗りやすいんです。1人で都内に出かけることもできます。定価だと100万円近くしますが、僕はヤフオクで12万円で落札しました(笑)」(真大さん、以下同)

 この車いすが現在の真大さんの“相棒”だ。

 2019年12月、真大さんは、自転車の交通事故で脊髄を損傷。鎖骨から下の感覚がなくなり、四肢麻痺となってしまった。自立歩行はおろか、手の指も動かない。

事故から3日後の真大さん。身体中につながれたチューブが痛々しい(『かしわせチャンネル』提供)

 日本せきずい基金によれば、脊髄を損傷する人は、年間約5000人に上ると推定される。そして残念ながら、現代の医学では損傷した脊髄を治癒させることは不可能。

 自民党前幹事長の谷垣禎一さん、俳優の滝川英治さんも真大さんと同じく自転車事故で脊髄を損傷。著名人でも不慮の事故で障がいを負うケースは少なくない。

「脊髄を損傷すると、自律神経にも影響が出るんです。起立性低血圧(血液が下半身や内臓にたまり、急に起き上がると一時的に脳貧血の状態になる)や体温調節障がいなどの合併症にも悩まされています。しばしば激しい手首の痺れと痛みが出て、心身ともに疲弊します」