「2年前までは大学生だったんですが、普通に就職するつもりでした。教職員免許も取っていたので、学校の先生もいいかな、とか。まさかアートで食えるとは思ってなかったです(笑)。人生が変わりました

 とは、空箱職人はるきるさん(24)。神戸芸術工科大学アート・クラフト科在学中にお菓子の空き箱などで工作を始め、Twitterで作品を公開するようになると、バズりまくり! 今やフォロワーは48万人超。現在、そごう美術館(神奈川県横浜市)にて『空箱職人はるきる展Miracle Package Art』が開催されている。

「今まで僕が制作した、ほぼすべての作品を展示しています」

 子どものころから、家にあるチラシで『仮面ライダー』の変身ベルトなどを作って遊んでいたという。まさに“三つ子の魂百まで”であり、“好きこそ物の上手なれ”。

「空き箱アート」の作品たち

きのこの山・たけのこの里の終わらない戦い

きのこの山・たけのこの里の終わらない戦い(撮影/吉岡竜紀)

「戦いのワンシーンを躍動感あふれるポーズで表現しました。“きのこソード”、“竹やり”とそれぞれの特徴を生かした武器を持たせました」

無調整豆乳のふくろう

無調整豆乳のふくろう(撮影/吉岡竜紀)

「建物など直線的な作品は、誰でも根気さえあれば作れるんですよね。でも曲線を作るのは非常に技術力がいります。動物らしい曲線を作るのにすごく苦労した、思い出の作品です」

トッポの天空の城

トッポの天空の城(撮影/吉岡竜紀)

「長細いイメージの『トッポ』を土台にして、天空の城が生えている……。そんなイメージで制作しました。360度どこから見ても面白いように作り込んでいます」