■ジェニファー・アニストンが注目「タコクレンズダイエット」

1日3回の食事をすべてタコスに変える「タコクレンズダイエット」

 1日3回の食事をすべてタコスに替えるだけ。タコスの生地は“トルティーヤ”といわれる、とうもろこしの粉を焼いたものを使用。

 量の制限はなく、食べたいだけ食べてもよいが、肉、魚など動物性の食材を生地に挟むのはNG。これを30日間続けるのが基本。体質や体形にもよるが、1か月で5kg減ったという報告も。

「食べる量に制限がまったくないので、ストレスが少ないダイエットですね」(和田さん、以下同)

 食物繊維が豊富にとれるので便通がよくなり健康にもいいとか。

「タコスには野菜が合いますが、それだけになってしまうとタンパク質不足になることも。大豆製品を積極的にとりましょう。具に豆腐を使うのがオススメ」

 ソースに変化をつけて、飽きないようにするのがコツ。

「サルサソースが定番で、バルサミコソースやケチャップを使ってもOKです」

 果物を包んでスイーツ風にすると、満足の一品に。

■NYで大ブーム「骨ブロス」

だしを飲むだけのダイエット法「骨ブロス」

 ニューヨークでは、“だしバー”ができるほどブームだとか。ダイエットの方法はだしを飲むだけと超簡単! また1食をだしに置き換えると、さらにダイエット効果が増す。

 だしには基本、味つけは加えず、ちょっと物足りない人は少々の塩を加える。だしをとる食材は、鶏骨など骨を中心に動物性、植物性どちらもOK。

「ダイエットにももちろんオススメですが、美容にも最適! 私は、鶏の手羽先にセロリと玉ねぎを加えてだしをとっています。コラーゲンたっぷりで、肌や髪がよみがえりアンチエイジングにも役立ちます」

 だしだけを飲み、手羽先などの具には手をつけない。

「朝だけ、だしにするのが◎。また、ソフトドリンクや砂糖を入れたコーヒーを1日数回飲む人は、それをだしに置き換えるだけでダイエット効果あり」

 動物性のだしは、カルシウムなどのミネラルが豊富。タンパク質も含むので、代謝アップにもつながる。