《教育委員会は大ウソつき》

 東京北部に隣接する埼玉県川口市。特別支援学校1年生の小松田辰乃輔(しんのすけ)くん(15)が9月8日未明、自宅近くのマンションの11階部分から転落した。「ドン!」という音で気づいた住人が119番通報。救急搬送されたが、死亡が確認された。警察は自殺とみている。

 辰乃輔くんは中学時代にいじめを訴え、手紙を何度も書いていたが、学校や市教委は聞き入れなかった。結果、3度の自殺未遂を経ての死。母親の佳奈さん(仮名)が独占インタビューに応じた。

「今度こそさようなら」

 辰乃輔くんは苦しい胸の内を自ら記していた。9月6日付のノートには痛切な思いがつづられている。

《教育委員会は大ウソつき。いじめた人を守って嘘ばかりつかせる。いじめられたぼくがなぜこんなにもくるしまなきゃいけない。僕は、なんのためにいきているのか分からなくなった=略=くるしいしい、くるしい、くるしい、つらい、つらい、くるしい、つらい》《今度こそさようなら》

 佳奈さんが言う。

「うまく言葉にできないためノートは小学生から書いています。主に学校の先生に見せるためですが、苦しくなり見せてくれるときもありました」

 中学卒業後に進学した特別支援学校については、「楽しい」と話していたという。欠席はない。だが、9月は最初に自殺未遂をした時期と重なり、精神的に不安定になっていた。

自殺の数日前にも、家からいなくなったんです。弟に“さよなら”と言っていたようで、すぐ探しに行きました。飛び降りたのと同じマンションの11階でうろうろしていたのを住人の人が見つけてくれて、話を聞いてくれたのです。“いじめがつらい”と言っていたようです。帰ってくると、卒業アルバムを見ながら“この先生が裏切った”“いじめを解決してくれなかった”と言っていました」

 亡くなる前日の7日、辰乃輔くんは髪を切った。それほど伸びていたわけではなかったが、切りたがった。そして祖父母宅へ泊まりに行く。「行ってきます」が、佳奈さんが聞いた最後の言葉だ。夜、祖父母の家から出た辰乃輔くんはマンションに向かった。

「(ノートに)遺書を書いていたので、(自殺を)決めていたのかもしれません。お笑いが好きなんですが、楽しいことよりも、フラッシュバックが強かったんです。いじめられたときから時間が止まっていたんだと思います。進めるにはどうにかしないといけないと思っていたんですが」