シリーズものが強かった!

 危険なビーナス』(TBS系)は初回視聴率こそよかったみたいですが、同じ日曜9時枠だった『半沢直樹』で視聴習慣がついた人たちが見たのかな、という印象が。

 間延び感は否めませんが、私は核心に近づいていく謎解きを楽しんでいます……。手島(妻夫木聡)の妄想シーンが、ちょいちょい挟み込まれるのはちょっといただけない……。

東野圭吾×TBSのヒットが期待されたものの……。主演の妻夫木聡、吉高由里子
【写真】秋ドラマは“チェリまほ”がイチ推し! 「若さとルックスも抜群」の主演俳優2人

 ミステリーものの小説や漫画をもとにした連ドラって、話や謎を無理やり引き延ばしている感があって、毎回のカタルシスが薄くなりがちだし、イライラして、つい原作を読んで犯人を知りたくなっちゃう(笑)。

 かといって、『テセウスの船』みたいに筋や犯人が変わると、先は見えなくなるけど、整合性がとれなくなることが多いし……、なかなか難しいところよね。

 連ドラじゃなくて、2時間ドラマや映画だとちょうどいいのかもしれませんね。さて今期の視聴率は『相棒』(テレビ朝日系)、セカンドシーズンの『監察医 朝顔』(上野樹里主演/フジテレビ系)とシリーズもの強しですが、『ルパンの娘2』(深田恭子主演/フジ系)が苦戦中です。

 やりたい放題なコメディー演出で、私は毎回楽しみに見ているし、好きな人は多いと思うのだけど。

 パターンとお約束的なものが決まっているので、好き嫌いはあるでしょうね。パロディーのネタは『鬼滅の刃』を取り入れるなどトレンドに敏感で、深田恭子も相変わらずの可愛さなので、見逃し配信や録画視聴で見られている率が高いのでしょう。

 それから『相棒』の新作は必ず視聴すると決めている方が多いのだと思います。かくいう私がそうです(笑)。

安定のヒットシリーズ『相棒』水谷豊と反町隆史、『科捜研の女』沢口靖子、『監察医朝顔』上野樹里

 見逃し配信のTVerなどが普及した今、視聴率については見直しが必要かと。そして新作で人気を集めているのが中園ミホ脚本『七人の秘書』(テレ朝系)。木村文乃ら7人の秘書が悪人を懲らしめる内容が、往年の名ドラマ『ザ・ハングマン』のようだとも。

 一匹狼が類まれな能力で問題を解決する、同じ中園作品の『ハケンの品格』『Doctor-X 外科医・大門未知子』に比べると、キャラクターが7人に分散していて、カタルシスが少なめ。

 最終的には岸部一徳演じる財務大臣役を懲らしめるんだろうけど、それ以外の「敵」が小粒……。でも今、ドラマでスッキリしたい人が多いのかもね。

 1話完結、毎回スッキリ成敗、途中抜けても大丈夫、ラスボスありというのは『半沢直樹』と同じ構造ですね。シリーズ化しそうですけど、登場人物の私怨が解消した後で悪役をどう描くのかがポイントですかね。

 ちなみに現行最長の第20シリーズに突入した『科捜研の女』(テレ朝系)は、ラテ欄で「牛は見た!! チーズが暴く殺人……マリコ決死の乳搾り!?」というトンチキな回もあったり、まだまだ元気いっぱい!(笑)