40歳目前のある朝、歯を磨いていたら、舌が一部、白くなっていることに気づいたんです。がんの前段階でもある『白板症』だと思い、経過をチェックしていました。10か月後、ピリリとした痛みを感じるようになり『舌がんになった』と確信したんです」

 と話すのは、医師の青木厚先生。

舌の一部が白くなりピリリとした痛みが

 タレントの堀ちえみがかかった舌がん。女性に比べて、男性の患者数が多いという。

「親族は90歳越えの長生きばかりで、がんになったのは私だけ。『まさか』という思いでいっぱい。しかも、白板症から舌がんになる確率はたった5%。その確率でがんになったことがショックでしたね」(青木先生、以下同)

 幸いステージ1の状態。治療は手術だけで、抗がん剤治療は受けずに済んだ。

「当時、私は好きなものを食べて、お酒も飲んでいて体重は今より16kgも重かった。そのころ、よく風邪をひいていたので、免疫力が落ちていたのだと思います」

 人間の体内では、日々がん細胞が生まれている。健康な状態なら、身体の免疫システムががん細胞を排除するが、免疫力が低下しているとがんを発症してしまうのだ。

「免疫力を上げ、再発を防ぐために医学論文を読み『16時間断食法』を考案し実践しています。おかげで再発もせず、風邪もひかなくなりました」