《この度私岡田祥吾は、テレビ朝日の弘中綾香さんと結婚いたしました。お客様ならびに関係者の皆様をお騒がせしておりますこと、お詫び申し上げます》

 10月1日、自らが社長を務める会社のホームページで、まるで芸能人のような結婚発表と嬉しい謝罪をしてみせた、弘中アナの結婚相手。

「当初、弘中アナは相手の名前を伏せていましたが、ネットですぐに相手が“特定”されて、社長の顔写真とプロフィールが拡散。お相手の会社にも問い合わせが殺到したようです」(スポーツ紙記者)

 その会社というのが、『プログリット』という英語学習サービスの会社。元プロサッカー選手の本田圭佑が同社のイメージキャラクターを務めている。弘中アナと結婚した同社の岡田社長は、大阪大学卒業後、世界中に支社を持つコンサルタント企業『マッキンゼ―・アンド・カンパニー』を経て独立。インタビュー記事では、岡田社長の父親も会社経営をしていると明かす。

結婚発表の前日に上場、そのワケは?

『プログリット』の社長で弘中綾香アナの夫・岡田祥吾氏(同社HPより)

 弘中は2018年には『ONE OK ROCK』のギタリストとの熱愛が報じられたが、あえなく破局。

「弘中さんのお父さんは大手不動産会社の幹部なのですが、ギタリストとの交際に大反対したといわれています。そこにきて、新しく連れて来たのが青年実業家。ご実家も会社経営をしているようですし、お父さんも安心できたのでは」(芸能プロ関係者)

 この結婚発表のウラで、あまり注目されていない側面がある。結婚発表前の9月29日、『プログリット』は『東京グロース市場』に上場を果たしていた。

上場自体は4年ほど前から準備していて、昨年には上場する予定だったそう。しかし、コロナもあって業績が落ち込んだことから、1年間遅れたようです。この上場直後に結婚を発表というのも、弘中アナの“あざとさ”を感じます」(芸能ライター、以下同)

 どういうことか。