著者プロフィール

菅野久美子
Kumiko Kanno

ノンフィクション・ライター
1982年、宮崎県生まれ。ノンフィクション・ライター。著書に『大島てるが案内人 事故物件めぐりをしてきました』(彩図社)、『孤独死大国 予備軍1000万人時代のリアル』(双葉社)などがある。最新刊は『超孤独死社会 特殊清掃現場をたどる』(毎日新聞出版)。また、さまざまなウェブ媒体で、孤独死や男女の性にまつわる多数の記事を執筆している。
  • 最新

80代女性の孤独死、築50年のアパートに設置された“新品同様”エアコンが物語ること

菅野久美子

《20代男性の孤独死》社員寮で1週間発見されず 残された自己啓発本に見えた葛藤

菅野久美子

<非正規・若年層の孤独死>遺体の一部を犬に食べられた痕跡、42歳女性の最期

菅野久美子

<40代女性の孤独死>病気で結婚を断念──日記に残されていた“かなわぬ願い”

菅野久美子

セルフネグレクトの果て、崩れ落ちたゴミの中で孤独死寸前だった元キャリアウーマン

菅野久美子

DV被害シングルマザーの告白<下>「どんなに辛くても、奴隷でいようと決めた」

菅野久美子

DV被害シングルマザーの告白<上> 娘から「パパが欲しいよ」とせがまれて

菅野久美子

「30代独身、彼女なし」自らも予備軍の特殊清掃人が“孤独死現場”から学ぶこと

菅野久美子

「不倫はクソ」から一転、不倫へ落ちた背景に“父の不在と抜毛癖”――洋子の場合〈下〉

菅野久美子

婚活中にハマったイケメンとの不倫沼、逢瀬は妻子と住む家で――洋子の場合〈上〉

菅野久美子

摂食障害の辛苦から救ってくれた不倫相手に、父の幻影を見る――由美子の場合〈上〉

菅野久美子

不倫相手は妻と9年セックスレス「離婚は望んでなかったのに」――理沙の場合〈下〉

菅野久美子

上司との職場内不倫「彼のLINEのアイコンは、子供の顔」――理沙の場合〈上〉

菅野久美子

不倫は「DVモラハラ夫」「母親なら家にいろ」呪縛からの逃避――弘子の場合〈下〉

菅野久美子

PTA不倫の臨界点「奥さんのお腹を引き裂いてやりたい」――弘子の場合〈上〉

菅野久美子
170

「結婚生活って、まるで写経みたい」W不倫に求めた救い――紗香の場合〈下〉

菅野久美子

「旦那はもう男じゃない」W不倫は甘酸っぱい思春期の心境――紗香の場合〈上〉

菅野久美子
170

“プラトニック不倫”の未来「50歳になったら結婚しよう」――美央の場合〈下〉

菅野久美子

「救いとしての不倫」ブラック企業、パワハラ上司に疲れ果て――美央の場合〈上〉

菅野久美子
170

どろどろに溶けた遺体――壮絶な現場から見える「孤独死大国」の危機

菅野久美子

「不倫はクソ」から一転、不倫へ落ちた背景に“父の不在と抜毛癖”――洋子の場合〈下〉

婚活中にハマったイケメンとの不倫沼、逢瀬は妻子と住む家で――洋子の場合〈上〉

どろどろに溶けた遺体――壮絶な現場から見える「孤独死大国」の危機

セルフネグレクトの果て、崩れ落ちたゴミの中で孤独死寸前だった元キャリアウーマン

<非正規・若年層の孤独死>遺体の一部を犬に食べられた痕跡、42歳女性の最期

摂食障害の辛苦から救ってくれた不倫相手に、父の幻影を見る――由美子の場合〈上〉

PTA不倫の臨界点「奥さんのお腹を引き裂いてやりたい」――弘子の場合〈上〉

「結婚生活って、まるで写経みたい」W不倫に求めた救い――紗香の場合〈下〉

不倫は「DVモラハラ夫」「母親なら家にいろ」呪縛からの逃避――弘子の場合〈下〉

DV被害シングルマザーの告白<下>「どんなに辛くても、奴隷でいようと決めた」

「旦那はもう男じゃない」W不倫は甘酸っぱい思春期の心境――紗香の場合〈上〉

不倫相手は妻と9年セックスレス「離婚は望んでなかったのに」――理沙の場合〈下〉

《20代男性の孤独死》社員寮で1週間発見されず 残された自己啓発本に見えた葛藤

80代女性の孤独死、築50年のアパートに設置された“新品同様”エアコンが物語ること

上司との職場内不倫「彼のLINEのアイコンは、子供の顔」――理沙の場合〈上〉

「救いとしての不倫」ブラック企業、パワハラ上司に疲れ果て――美央の場合〈上〉

「30代独身、彼女なし」自らも予備軍の特殊清掃人が“孤独死現場”から学ぶこと

<40代女性の孤独死>病気で結婚を断念──日記に残されていた“かなわぬ願い”

“プラトニック不倫”の未来「50歳になったら結婚しよう」――美央の場合〈下〉

DV被害シングルマザーの告白<上> 娘から「パパが欲しいよ」とせがまれて

「不倫はクソ」から一転、不倫へ落ちた背景に“父の不在と抜毛癖”――洋子の場合〈下〉

婚活中にハマったイケメンとの不倫沼、逢瀬は妻子と住む家で――洋子の場合〈上〉

どろどろに溶けた遺体――壮絶な現場から見える「孤独死大国」の危機

セルフネグレクトの果て、崩れ落ちたゴミの中で孤独死寸前だった元キャリアウーマン

<非正規・若年層の孤独死>遺体の一部を犬に食べられた痕跡、42歳女性の最期

PTA不倫の臨界点「奥さんのお腹を引き裂いてやりたい」――弘子の場合〈上〉

摂食障害の辛苦から救ってくれた不倫相手に、父の幻影を見る――由美子の場合〈上〉

「結婚生活って、まるで写経みたい」W不倫に求めた救い――紗香の場合〈下〉

《20代男性の孤独死》社員寮で1週間発見されず 残された自己啓発本に見えた葛藤

不倫は「DVモラハラ夫」「母親なら家にいろ」呪縛からの逃避――弘子の場合〈下〉

「旦那はもう男じゃない」W不倫は甘酸っぱい思春期の心境――紗香の場合〈上〉

80代女性の孤独死、築50年のアパートに設置された“新品同様”エアコンが物語ること

<40代女性の孤独死>病気で結婚を断念──日記に残されていた“かなわぬ願い”

DV被害シングルマザーの告白<下>「どんなに辛くても、奴隷でいようと決めた」

不倫相手は妻と9年セックスレス「離婚は望んでなかったのに」――理沙の場合〈下〉

「救いとしての不倫」ブラック企業、パワハラ上司に疲れ果て――美央の場合〈上〉

DV被害シングルマザーの告白<上> 娘から「パパが欲しいよ」とせがまれて

上司との職場内不倫「彼のLINEのアイコンは、子供の顔」――理沙の場合〈上〉

“プラトニック不倫”の未来「50歳になったら結婚しよう」――美央の場合〈下〉

「30代独身、彼女なし」自らも予備軍の特殊清掃人が“孤独死現場”から学ぶこと

「不倫はクソ」から一転、不倫へ落ちた背景に“父の不在と抜毛癖”――洋子の場合〈下〉

婚活中にハマったイケメンとの不倫沼、逢瀬は妻子と住む家で――洋子の場合〈上〉

どろどろに溶けた遺体――壮絶な現場から見える「孤独死大国」の危機

<非正規・若年層の孤独死>遺体の一部を犬に食べられた痕跡、42歳女性の最期

PTA不倫の臨界点「奥さんのお腹を引き裂いてやりたい」――弘子の場合〈上〉

摂食障害の辛苦から救ってくれた不倫相手に、父の幻影を見る――由美子の場合〈上〉

セルフネグレクトの果て、崩れ落ちたゴミの中で孤独死寸前だった元キャリアウーマン

「結婚生活って、まるで写経みたい」W不倫に求めた救い――紗香の場合〈下〉

不倫は「DVモラハラ夫」「母親なら家にいろ」呪縛からの逃避――弘子の場合〈下〉

不倫相手は妻と9年セックスレス「離婚は望んでなかったのに」――理沙の場合〈下〉

「旦那はもう男じゃない」W不倫は甘酸っぱい思春期の心境――紗香の場合〈上〉

DV被害シングルマザーの告白<下>「どんなに辛くても、奴隷でいようと決めた」

<40代女性の孤独死>病気で結婚を断念──日記に残されていた“かなわぬ願い”

《20代男性の孤独死》社員寮で1週間発見されず 残された自己啓発本に見えた葛藤

80代女性の孤独死、築50年のアパートに設置された“新品同様”エアコンが物語ること

“プラトニック不倫”の未来「50歳になったら結婚しよう」――美央の場合〈下〉

「救いとしての不倫」ブラック企業、パワハラ上司に疲れ果て――美央の場合〈上〉

DV被害シングルマザーの告白<上> 娘から「パパが欲しいよ」とせがまれて

上司との職場内不倫「彼のLINEのアイコンは、子供の顔」――理沙の場合〈上〉

「30代独身、彼女なし」自らも予備軍の特殊清掃人が“孤独死現場”から学ぶこと

Photo Ranking

PICKUP

アンケート「好きなジャニーズ・嫌いなジャニーズ2020」YOUの回…

週刊女性PRIME

『好きなジャニーズ・嫌いなジャニーズ2020』アンケート結果を中…

週刊女性PRIME

家計の緊急事態を防ぐために…“続けられる”節約とLINEを使った…

いくみぃ

中居正広が医療従事者に叙々苑弁当の差し入れ、SMAP時代と変わら…

週刊女性PRIME

木村拓哉、熱愛発覚のCocomiの“彼氏”に「長く付き合え」“9年…

週刊女性PRIME

コロナ自粛で著名人が続々と動画をアップ、群を抜く冨永愛の“圧…

小窪誠子

和田アキ子がV3、ピン子が続き…、1450人の『嫌いな女ランキング…

週刊女性2020年5月12・19日号

岡村隆史を「岡村さん」ではなく「あなた」と呼びかけた矢部浩之…

飲用てれび

浜崎あゆみ役の安斉かれん「あゆにそっくり!」と話題も「アユと…

週刊女性2020年5月12・19日号

鈴木直道北海道知事は「100万人に1人の逸材」ニトリ会長も惚れ込…

週刊女性2020年5月12・19日号

桑子真帆アナと熱愛発覚の小澤征悦、父の小澤征爾は1日5分「付き…

週刊女性2020年5月12・19日号

岡江久美子さん、叶わなかった同窓会と「生死を分けた」意外な事…

週刊女性2020年5月12・19日号